注文住宅の一括見積もりはこのサイトがおすすめ!

フリーターが家を建てた第一の秘訣は相見積りで値切ったこと!

5年ほど前、とあるフリーターが立派な注文住宅を建てて、
いまでは家族みんなで幸せに暮らしています。

そのキッカケにもなったのが、注文住宅の一括見積請求サイト!

どういうことかといいますと、
マイホームを持つ、特に注文住宅を建てる上で一番大事なのは、
ギリギリまで値切る!
ことなんです!

とは言え、家を建てるなんてはじめてのことですし、
大抵の人は人生に一度あるかないかのことなので、
家を建てる費用の値切り方なんてなかなか考えつきませんよね?

そこでフリーターは考えました。

まずはいろんな業社で見積もりとって、
それをお互いに比べさせちゃおうって!

何を隠そう、これがいわゆる相見積りってやつで、
業社同士を競争させて、値切るためには一番効果があることなんですよね!

ただ、たくさんの業社にそれぞれマイホームの希望を伝えて、
間取りを作ってその見積もりを取るって作業は、
とてつもなく面倒くさくて時間がかかることなんです。

なので、このズボラなフリーターは、
「もっと簡単な方法はないか?」
と、ネットで調べ倒しました。

そこで注文住宅一括見積もり請求サイトを発見したわけですね!

おかげさまで、結果を先に言っちゃいますと、
このズボラなフリーターでも家を建てちゃったんです(笑)!

値引交渉に効果的な相見積りがカンタンに取れるおすすめサイトベスト3

フリーターでも家を建てられた秘密兵器!
…というか、必須アイテム「相見積り」で、
相見積りを取るのに便利なのが、
注文住宅一括見積りサイトなのはお分かりいただけましたね?

そこで本日は、その注文住宅一括見積もりが依頼できるサイトのベスト3と、
そのフリーターの注文住宅建築大成功の秘訣をご紹介していきます!

タウンライフで注文住宅の一括資料請求 「タウンライフ家づくり」では、提携業者はそれほど多くありませんが、必要十分と言うか少数精鋭といった感じです。また、注文住宅の資料一括請求ができるだけでなく、簡単な質問に答えるだけで、間取りの提案や資金計画書、また希望があれば土地探しまでもしてくれます!
持ち家計画で注文住宅の一括資料請求 「持ち家計画」は、提携業者はハウスメーカーが多く工務店は少なめです。また、独自の基準でのおすすめマークが付いていて参考になります。希望を書く欄はありますが、基本的にはカタログ請求のみです。
スーモで注文住宅の一括資料請求 「スーモ」はとにかく提携業者が多いです。ただ、多すぎて選ぶのがかえって大変!自分の希望の注文住宅を建てるのに、どこがいいのかをこの時点では選べないので、とにかく大量に資料請求をしなければなりません。ほんっとにカタログ請求のみのサービスですので、とにかくいろんなハウスメーカーや工務店のカタログを集めたい方にはぴったりです!

ごめんなさい。最初に謝っておきます。
実は注文住宅の一括見積もりサイトの
ベスト3をご紹介するつもりでサイトを作り出したのですが、

実際は、オンリー1になっちゃいました!

どういうことかと言いますと、ベスト1のサイト
つまりフリーターが注文住宅を建てたときに利用したサイト以外は、

注文住宅の一括見積もりサイトではなく、単なる
一括資料請求サイトでした!

せっかくサイトを作るなら、
より多くの優良情報をお送りしようと思ってベスト3なんてやってみたんですが、

結局のところ、
それほど使えるサイトはなかったという結果になってしまいました…。

とは言え、せっかく調べたのですから、
一括カタログ請求しかできないとは言っても
その中では1・2位を争うサイトの情報もまとめてお送りしていきます。

ちなみに、ここであげたサイト以外の一括請求系のサイトは
資料やカタログの一括請求というよりは、個人情報の横流しと言った感じ…。

つまりあなたの住所氏名などを、注文住宅建築業社に売っているだけ。

しかも、注文住宅関連業者に売ってるならまだしも
手当たり次第の業界に売り飛ばしてるような悪質なサイトも有るようです。

事実わたしも、とあるサイトにて資料請求したあと
全然関係ない引越しサービス業社から、
毎日何件も電話がジャンジャン来るハメになったことがあります。

どうぞ、むやみなサイトに登録しないよう
十分ご注意ください…。

注文住宅一括見積もりサイトベスト3のそれぞれの特徴を比較!

さてここで、それぞれの注文住宅一括見積もりサイトの特徴を
もう少し詳しく見ていきましょう!

とは言え何度も言いますが、

1位のタウンライフ以外は、注文住宅一括見積もりサイトではなく
注文住宅の資料一括請求サイトになりますけどね…。

タウンライフ注文住宅一括見積もりサイトの特徴

タウンライフで注文住宅の一括見積もり!
タウンライフ家づくり一括見積もり請求サイト分析表

このレーダーチャートを見てもらえればわかると思いますが、
タウンライフの注文住宅の一括見積もりのサービスはほぼ完璧です!

提携業者数に1点減点がありますが、
これは他の2つのサイトと比較したときに、どうしても差をつけるためで

実際は大手ハウスメーカー中小工務店を合わせて
全国で600社以上の提携業者数があるので必要十分だと思います。

タウンライフ一括見積提携業者のイメージ画像

むしろ少数精鋭と言った感じで、
不必要に多くのカタログが送られてきても困るだけなんですよね。

持ち家計画の注文住宅の一括資料請求サイトの特徴

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画一括資料請求サイト分析表

持ち家計画の注文住宅の資料一括請求サイトは、
提携業者数は多いです!

提案力については、
一応申請するときに希望を書く欄があるというだけのことで、

正直それに対する提案というほどのものは期待できませんでした。

スーモの注文住宅の一括資料請求サイトの特徴

スーモで注文住宅の一括資料請求
スーモ一括資料請求サイト分析表

スーモの注文住宅の資料一括請求サイトは
運営業社がメジャーなこともあり、提携業者数は一番多いのではないでしょうか?

ところが、提案力はほとんどなく
ただその莫大な数の業社から莫大な量の資料が送られてくるだけです(笑)!

またちょっと気になる土地探しのポイントについては、
これはスーモの別のサービスとして土地探しができるから1ポイント高くしました。

ので、いっぺんに注文住宅の資料請求と土地探しができるわけではなく、
土地探しは土地探しでまた別に(スーモのサービスではありますが。)
資料請求の依頼をかけるということです。

注文住宅の資料一括請求サイトベスト3の比較とまとめ

では、今までの内容を、更に一覧表にまとめてみました。

まとめてみてわかったんですが、申し訳ありませんがスマホで見てる方は、後ほどパソコンで見直すか、
スマホを横にしていただけると多少見やすくなるかと…(汗)。
 
お手数おかけします(笑)!

サイト名 タウンライフ 持ち家計画 スーモ
地域密着型
登録業者数
間取り図 × ×
見積もり × ×
土地探し ×
その他 とにかく提案力がスゴい!
土地探しも未公開物件から見つけてくれるので、掘り出し物件にも出会える!
申し込むと同時に、「成功する家づくり7つの法則」がもらえる!!
提携業者数は多いが、地域密着度は低い。
実際わたしの地元(神奈川のマグロで有名な地域(笑)!)で検索しても該当件数0件でした。
流れとしてカタログ請求したあと個別相談のアポ取りなので、二度手間になる。
知名度は一番高く、提携業者数も多い!
土地探しも出来るが、特に掘り出し物ではない、ネット検索で見つかるレベル…。
提携業者数は多いが、提案はしてくれないので、その後の営業電話やメールのことを考えると怖くなる…。

まー、ここまで見ていただいたら結果は一目瞭然ですが
何と言ってもベスト1の

タウンライフがおすすめ!

ですね!

あー、なぜここまでタウンライフをオススメするかと言いますと、
もうお気づきだとは思いますが、

最初に登場したフリーターとはわたしのことで、
わたしが注文住宅を建てられたのが、


タウンライフを実際に利用したおかげ
だからです!

タウンライフと他のサイトは何が違うの?

 


タウンライフと他の2つのサイトでは
同じ注文住宅の一括資料請求サイトなのに何が違うのでしょう?

それは一言で言えば
提案力です!

正直コレがいちばん大事なポイントで、
先程も言いましたが、この提案力があるのがタウンライフだけなんです!

他の2つのサイトでは、請求するとカタログが送られてくるだけに対して、
タウンライフでは、請求するときに簡単な質問に応えることにより

間取り図の提案や、それにもとづいた資金計画書の作成
また必要ならば、土地探しまで一貫して相談に乗ってくれます!


タウンライフをおすすめする3つのメリット!

他の2つのサービスと比べると、提携業者数が少ないのもこれが理由で
この時点で、相見積もりをしたのと同じことになるんです。

なので、あなたが書いた希望の間取りや工法を苦手とする業社は
どうしても見積もりの坪単価が高くなってしまい、結果

音沙汰がありません(笑)!

ただ、わたしはこれはデメリットではなくメリットだと思うのです。

だって、この時点で不必要な業社から
カタログが送られて来たり、
余計な営業電話やメールが来るのを防げるんですから!

実際、経験してみるとわかりますが
むやみに一括資料請求とかすると、

とんでもないほどの資料が、しばらくの間ジャンジャン送られてきてしまい
ゴミを捨てるのにも一苦労することになりますよ!
(経験済み(笑)!)

そんなわけですので、
あなたが注文住宅の一括見積もりサイトで

「どこかいいとこないかな〜?」

って探しているのなら、わたしは迷わず

「タウンライフにしてください!」

ってオススメしますよ!

タウンライフ公式サイトへのリンク画像

実際に送られてきた間取り図や見積書

ところで、家を建てようと思いはじめると、たいてい展示場に行くか、資料請求するかだと思いますが、
どちらにしても、ぼんやりとした夢を少しでも具体的な形にしたいからなんですよね?

例えば、実際の家の間取りを見てみたり、カタログを集めたり、展示場のスタッフに話を聞いてみたり…、
と、言った感じですよね?

ただ、経験した立場から言ってしまうと、
展示場の間取りは宣伝用の間取りなので、実際何の役にも立ちませんし、
展示場のスタッフは、売れ残りの営業マンだったりして、
ほんと、展示場に行くのは無駄が多いんですよ。

また、ただの一括資料請求でカタログばかり集まっても、
自分の夢が形になっていくイメージは湧きにくいんです。

ところがタウンライフだったら、たったの一回だけ自分の希望を申請すれば、
展示場まで行かなくても自宅に居ながらにして、間取りの提案図がもらえたりします。

こんな感じ↓の間取り図や
間取り提案図01
こんな感じ↓の間取り図がもらえます!
間取り提案図02
ハウスメーカーによって書式もバラバラですね。

また、それに対する見積りまでもらえます。
仮見積もり01
はじめの仮見積もりなので、こんな感じ↑でザックリです。

はじめの提案間取り図や仮見積もりは、↑の感じでザックリですが、
それでもカタログだけに比べたら、どれほど今後の家造りに参考になると思います?

これ見てるだけで、なんとなくマイホームのイメージが湧いてきませんか?
それと同時に、
かかる金額に対しての現実感もでてきて、気が引き締まるような感じがしませんか?

まさに、時間短縮、手間削減の一石二鳥です。
いや、それをいくつものハウスメーカーや工務店に対していっぺんにできるおかげで、
カンタンに相見積もりまで出来て、価格競争まで持ち込めるのですから、
一石三鳥どころか四鳥も五鳥も得られるってものですよ。

カンタンカンタンていうけど、みんなどういう感じで書いてるの?

 


ですよね?
みんながどういう感じで希望を書いてるかって、気になりますよね?

そこで、特別にタウンライフさんにお願いして合法的にいただいた、
許可済みの申請実例を一部ご紹介します!

一括見積り申請実例集

個人情報が記載されているところは、塗りつぶしてありますのでご了承ください。

一括見積もり申請実例
↑この方は、二世帯住宅希望なんですね!
 
一括見積もり申請実例
↑こんなにザックリ、カンタンでいいんですね!
 
一括見積もり申請実例
↑要望がたくさんあっても、箇条書きで十分!
 
一括見積もり申請実例
かなり詳しく要望が書いてありますね!

ちなみに、一括見積もりを実際に申請するときは、
最後の要望欄以外は、ボタンを押したり選択するだけなのでかなりカンタンです!

一括見積もり申請フォーム
↑実際の一括見積もり申請フォームです!カンタンでしょ!

タウンライフに一括見積もりを申請するのは、こんなにカンタンなのですから、
展示場に行くのは、その後でも十分間に合いますよ!

それに、住宅展示場とかハウジングセンターとかにいきなり行くのは、
また別のリスクもあるんですよ!

営業マンとはファーストコンタクトが大事

わたしもその口なんですが、
営業マンに直接会って話してしまうと、なんだか断りづらくなっちゃいませんか?

営業マン
こんな顔して詰め寄られたら・・・、あなた断れます(笑)?

その気まずさを何度も味わうのは、結構辛いものがありますよ…。

しかも、先程もちらっと言いましたけど、
休みの日に展示場でお客さんを待ち構えてるような営業マンは、
おそらく使えない暇な営業マンなんです。

これは後でわかったんですが、
できる営業マンは、事前アポがないとなかなか会えません!

これってはじめの段階で、
なかなか気づかないポイントじゃないですか?

ついでに言っちゃうと、
タウンライフで注文住宅の一括見積もりをすると、
その資料の返送のされ方で営業マンの良し悪しも見極められるんですよ!

できる営業マンは、まずレスポンスが早い!

そして、手書きのメッセージが入っていて(コピー可。)、提案内容にオリジナリティや具体性があり、
次の打ち合わせにつなげる工夫がある!

次に繋げる工夫とは、例えば、
「お客様のご希望の土地のチラシなどありましたら、
そちらをFAXいただけたら、その土地に合う間取りもご提案いたします。」

などと一文が手書きで書いてあったりするんです!

これ書かれたら、
あっちこっちで急いで土地のチラシ集めまくりますよ(笑)!
いや実際集めまくりましたよ(笑)!!

↓こういうの見てるだけで、ワクワクしませんか(笑)?
区画図
↑どんな家が建てられるかな?
区画図
ここ↑なんて、建てやすそうですよね?

なんかうまく踊らされた感じもしましたが、
おかげでタッタッタって感じで家が建っちゃいましたね(笑)!

ほんと嬉しかったですよ!
自分で探した良さそうな土地のチラシを渡すと、
そこに自分の希望の間取りができるんです!

もちろん、その土地が合わないときは、
「この土地では難しいですね…。」
と、ちゃんと教えてくれます。

逆にわたしの場合は、
希望の間取りが叶いそうな土地を持ってる不動産屋さんを紹介してもらえました!

この不動産屋さんもまたいい人で、
この人のおかげでローンも通ったし、家も建てられたって言っても過言ではないくらい。

不動産屋さんとハウスメーカーが仲いいと、悪いこともできちゃうそうですが、
いろいろ融通を利かせ合うことも出来るらしいので、
信用できる営業マンが紹介してくれるなら、メリットは大きいと思いますよ。

もちろん、タウンライフにネット未公開の土地を探してもらって、
その区画図からマイホームの設計をお願いする、なんてことだってできちゃいますよね!

タウンライフ公式サイトへのリンク画像

注文住宅で少しでも費用を抑えて建てたいならやっぱり一括見積もりです!!

もしあなたが、提案なんかいらないから
とにかくたくさんの業社のカタログがほしいというのなら、

持ち家計画スーモ
注文住宅建築業者の資料を一括請求してください。

ただ、あなたが少しでも抑えた費用で
かつ、少しでも早く注文住宅を建てたいのなら、

迷わず、タウンライフ家づくり
注文住宅の一括相見積もりを済ませるのが賢いやり方だと思いますよ!

タウンライフ公式サイトへのリンク画像

こだわりがあるならその道の専門家へGO!

またタウンライフは、マイホームの希望に合わせて専門化されているカテゴリーもありますので、
それをうまく利用するのもおすすめポイントですよ!

タウンライフ一般
これと言ったこだわりはまだない、とにかく間取り図や見積もりが欲しい人向け。
マイホームへのはじめの一歩をとにかく踏み出したい人はこちら!
こだわりの間取り
せっかく注文住宅を建てるのなら、とことん間取りにこだわりたい人はこちら!
相見積もりのおかげで、実際いくらお得になったか?体験者の具体的金額提示中!
二世帯住宅
二世帯住宅をお考えなら、二世帯住宅に強い住宅メーカーに依頼するのが一番です!
大手ハウスメーカー希望
やっぱり信用度信頼度が大事!大手ハウスメーカー以外考えられない!ってあなたはこちらから!
ZEH(ゼッチ:ゼロエネルギーハウス)
今後の主流になりそうなゼッチ住宅プランに興味があるならこちらから!
ぜったい、平屋!
最近流行りの平屋。老後を考えるとやっぱり平屋がいいですかね?
おしゃれな輸入住宅特集
周りとはちょっと変わった家を建てたい人向け。
お友達を招待したくなる注文住宅を建てたかったらこちらがいいかも!
注文住宅相談センター
マイホームに対するイメージが漠然としすぎてて、どうしたらいいかわからない人向け。
電話のアポが取れて、はじめに電話でアドバイスが受けられますので、ネットの申込みとかが苦手な人も楽チン!
しかも、成約するとお祝い金10万円ももらえます!

すまい給付金50万円をもらいそこねるな!たった3分の注文住宅一括見積もりを利用しよう!

最後に確認ですが、
あなたはとにかく一日も早く引き渡しを終わらせないといけない
ことを分かってますか?

モタモタしていると、
消費税増税救済措置が終了してしまいます。

もちろんまだ時間はありますけど、
注文住宅を建てるのって、
あなたが想像しているよりものすごく時間がかかりますよ?

ちなみに、住宅ローン控除を3年引き伸ばしてもらうには
2020年12月末日までに入居してなければいけないんですよ!

これはかなりトントン拍子に行かないと、
間に合わないかもしれませんね。

ただ、年収450万円以下で50万円もらえるすまい給付金なら
2021年12月末日までに入居してればもらえます!

すまい給付金の期限に間に合わなかったら、
50万円もらいそこねるんですよ!?

50万円もあったら、
冷蔵庫や洗濯機やテレビを新調できますよ!?

「あとで」「いつか」は、
「いつまでも来ない」って言うじゃないですか!

くれぐれもいますぐタウンライフに登録してくださいね!
たった3分程度で終わる簡単な手続きですから!

タウンライフ公式サイトへのリンク画像

↑をクリックして公式サイトで
今すぐ一括見積りを無料で請求しましょう!

タウンライフの一括見積をすすめるもうひとつの理由とは?

実は、もう一つタウンライフをすすめる理由があります。

それは、タウンライフに一括見積を請求すると、その場で
「成功する家づくり7つの法則」がもらえるからです!

成功する家づくり7つの法則

これはPDFで登録するとすぐその場で読めるようになります。
読んでてよかった!と思える小冊子ですので、
確実にもらえる今のうちに申し込んでくださいね!

タウンライフ公式サイトへのリンク画像

見逃すな!!フリーターが注文住宅を建てられた秘訣!

最後にお約束していました、
フリーターが注文住宅を建てられた秘訣をご紹介しますと、

タウンライフで作ってもらった資金計画書をもとに、
しっかりとした返済計画を練ったこと。

そしてそれを実行できるような自分になるよう努力したことです。

注文住宅に限らず、マイホームが持てるか持てないかの分かれ目は、結局のところ
住宅ローンの審査に通るか通らないかにかかってる
わけです。

住宅ローンの審査でいちばん大事なのは信用です。

その信用度を上げるのに、
このタウンライフの資金計画書ほど役立つものはなかったです!


タウンライフ公式サイトへGO!タウンライフで資金計画書を作ってもらう!